このサイトの目標はMNISTを学習し、手書き文字を認識することだ。
別に高い正答率を目指しているわけでも、使いやすいものを目指しているわけでもない。
単にディープラーニングを学習することが目的だ。

まず最初に、何をしようとしているのかを説明しようと思う。
というのは、僕のようにプログラミングに全く縁のない素人にとって
MNISTで何をしようとしているのからして意味不明だったからだ。

MNISTって何の略?

Mixed National Institute of Standards and Technologyの略。
キログラム原器や中性子施設があるNISTにMixedがついただけなのね。

MNISTって何?
手書き文字や数字と正解の例がいっぱいあるものらしい。

http://qiita.com/ToshikiShimizu/items/6bfacef12dafd63b1080

この辺に詳しいようだ。 

MNISTを使って何をするの?
要するにみんな、
「手書きの数字や文字を認識するアプリのようなものを作ろうとしている 」
ようだ。
そのために、
「縦に長い棒があり、上が左に少しだけ折れていたり折れていなかったりして、それ以外に何もないのが1」 
というプログラムを作成するのが今までのアプリ。「1とは何か」を僕が考えないといけない。

ディープラーニングは、
(下手くそな1)(下手くそな1)(下手くそな1)・・・というデータをいっぱい入力して、自動的に1を認識するアプリを作る」
プログラムのようだ。(もちろん「上手な1」もあっていいけど。)そのためには、下手くそな1というデータと、これが1だ、というデータの組み合わせがたくさん必要になる。
MNISTはその「下手くそな1」のデータ集らしい。
サイズは縦横28点、全部で28×28=784ピクセル

ところで上記の
(下手くそな1)(下手くそな1)(下手くそな1)・・・というデータをいっぱい入力して、自動的に1を認識するアプリを作る
ことを、この業界では学習と呼ぶようだ。

MNISTの画像データは全部で7万枚あり、6万枚を使って学習し、残りの1万枚で「あたるかな?当たらないかな?」のチェックをするようになっているらしい。
ちょうど人間がドリルを6万回やって、てすとを1万回やるのとおんなじかな。

 
The goal of this site is to learn MNIST and to recognize handwritten characters.
Even though we are aiming for a higher correct answer rate, we are not aiming for easy-to-use things.
The purpose is simply to learn deep learning.

First of all, I will explain what I am trying to do.
For amateurs who have absolutely no programming like me
Because it was meaningless because it was trying to do with MNIST.

What does MNIST stand for?
Abbreviation for Mixed National Institute of Standards and Technology.
Kilogram NIST with prototype and neutron facilities only got Mixed.

What is MNIST?
It seems that there are many examples of handwritten letters, numbers and correct answers.

Http://qiita.com/ToshikiShimizu/items/6bfacef12dafd63b1080

It seems to be familiar with this area.

What do you do with MNIST?
In short, everyone,
"I'm trying to make something like an app that recognizes handwritten numbers and letters"
It seems.
for that reason,
"There is a long stick in the length, the top is slightly broken or not broken to the left, and there is nothing besides it"
It is the application that you created so far to create a program called. I have to think about "What is 1".

Deep learning,
I will make an application that will automatically recognize 1 by entering a lot of data "(poor geek 1) (bad luck 1) (bad luck 1) ..."
It seems to be a program. (Of course, you may have "good one".) For that, for that, you need a lot of combinations of data that is too bad and that this is 1.
It seems that MNIST is a collection of data for that "bad skill 1".
Size is 28 vertically and horizontally, total 28 x 28 = 784 pixels

By the way,
Enter a lot of data (bad skill 1) (bad skill 1) (bad luck 1) · · · make an application that automatically recognizes 1
That seems to call it learning in this industry.

It seems that MNIST's image data has seventy thousand sheets in total, learning by using 60 thousand sheets and checking on the remaining 10 thousand sheets "I wonder if it hit?
Just like human beings do 60,000 drills, they do the same 10,000 times.